BLOG

西宮市 Y様邸 カップボード③

こんにちは!
木楽舗 (運営 Earth Stone) です!!

大阪で オーダー家具をメインとした
内装仕上工事業を しています!
(一般建設業の許可も 取得してます)

楽しみに 読んでいただいている皆様、
更新が 遅くなり 申し訳ありませんでした!

西宮市 Y様邸 カップボード 製作過程
の続きです!

「木取り」の次は
『芯材』と『面材』の 貼りあわせ です。
※『面材』とは、仕上げの材料のことです。

木工用ボンドを均一に
「木取り」した『芯材』に塗り
貼っていきます。
※この 木工用ボンドの “粘度”も 大切なんです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

次に、貼りあわせたものを
「プレス」という 機械で
しっかりと 圧着します。
※時期・季節にもよりますが
約一日 かかります。

コレをしっかりとしなければ
後々 『面材』が 浮いてきたりします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 

次に プレス終了後の 化粧パネルを
正寸カットいたします。
※端々の寸法をバッチリと合わせるため
下準備の化粧パネルは 若干 大きめに製作します。

正寸カット前の 化粧パネル です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

正寸カット後の 化粧パネル です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

写真で見ると わかりにくいのですが、
正寸カット後の 端部は
キッチリと 寸法通りとなっており
とてもキレイです。

次に、可動の棚板のための
ダボ穴加工 をします。
ボール盤 という機械で
まっすぐ 正確に 開けていきます。
キリの刃が 悪くなってくると
化粧パネルの仕上げ部分が
欠けることもあるので、
キリの刃の メンテナンスも 重要です。

余談ですが、
職人Sさんの 機械・工具チェックは
完璧です!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

次に、ダボ穴加工をした部分に
金ダボ凹 を打ち込んでいきます。
これは すべて 手作業で
丁寧に 作業します。

ここだけの お話ですが
数があると とっても時間が かかります(笑)。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

本日は ここまでです!

明日の 更新を お楽しみにっ!!
※明日は 早めに 更新いたします・・・。

大阪府大阪市北区梅田2-2-2
ヒルトンプラザウエストオフィスタワー 19F
06-6133-5607
Mail → connect@earth-stone.jp

Webサイト → https://earth-stone-collab.com/
Facebook → https://www.facebook.com/earthstonecollab
Iastagram → https://www.instagram.com/earthstonecollab/

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧